Showing all posts by GRaru7uK

Next Page

慶應義塾大学

慶應義塾大学で学べること・学部

慶應義塾大学では、多様な領域をカバーする10個の学部があります。
建学以来、実学の精神を共有しながら、教育研究活動を進めています。

文学部、経済学部、法学部など基本的な学部と、理工、医学、商学、薬学、看護医療学まであります。
他にも総合政策学、環境情報学、合わせて10学部です。

長い歴史のある大学で、多くの偉材を輩出してきました。
今や慶應義塾大学は名門大学であり、歴史ある研究科が集まる大学となっています。

受験の傾向・偏差値

慶應義塾大学は、東亜最古の段階で高等教育機関になった旧制大学です。
日本で最初に設立された私立大学の一つでもあります。

慶應義塾大学入試は、難易度の高い問題を素早く回答しなければいけません。
合格するには、教科書レベルを超える知識が必要です。

過去問の演習及び、研究を行うこと。
そして、入試形態がやや変則的ですから、対策も入念に行いましょう。

慶應義塾大学の受験科目には、国語がありません。
その代りに、小論文試験を実施しています。
一般の受験生は受験科目に小論文がありませんから、勉強法が確立されていません。

小論文対策はコツコツと始めなければ突破できないので、本気で合格を目指している方は、入試直前ではなく、1年間をかけて小論文対策に取り組みましょう。
また、私立大学では珍しく、問題の形式や傾向が学部ごとに大きく異なります。
記述・論述式問題の多い学部もあれば、小論文試験以外の科目がすべてマーク形式となっている法学部の存在もあります。

こんな入試対策をしよう

外国語は、英語とドイツ語があります。
辞書を使うことができますが、慶應文学部だけです。
英単語や文章読解力、基本的な大学入試対策が必要です。

世界史では、大きな問題が4つ出題される傾向にあります。
すべてがほぼ記述式で、日本史も同じような傾向です。

合格を目指している方は、本気で小論文対策をしてください。
人文科学がテーマの文章など、長めの課題になることがあります。
難易度の高い小論文の問題文を読み慣れておくひとが大切です。

油断は禁物ですから、幅広く対策をして、出来るだけ早めに過去問に取り組みましょう。
小論文は、高校3年生になってからでは遅いとう声もあります。

Posted on , By
Categories: 私立大学一覧
早稲田大学

早稲田大学で学べること・学部

早稲田大学は、創立以来伝統と革新を続けています。
建学の精神は、いつの時代も変わりません。
早稲田大学には、学部と学術院、大学院があります。

学術院では、政治経済、法学、文学、教育総合科学など専門に特化した学術院で構成されています。
他にも、商業、理工学、社会科学、人間科学、スポーツ、国際などがあります。

学部は基本的な学部に加えて、商学部や国際教養学部、先進理工学部、創造理工学部などがあります。
理工に特化した学部が多く、理工学系に進みたいという方には、更に専門的に学べる場が広がっています。

受験の傾向・偏差値

早稲田大学は、旧制大学の一つです。
我が国に最初に設立された私立大学の一つですから、誇り高き伝統と歴史があります。

入試の出題傾向としては、早稲田らしいような問題があります。
他の大学では見られないような難易度の高い問題が出題されるため、多くの学生が第一志望を早稲田大学にしだ場合、塾などへ通い集中して対策を行います。

国語や地歴公民ではその傾向が強く、一部の学部を覗いて、センター試験利用入試を導入しています。
一般入試では、「早稲田特有のクセある問題」に悩まされるでしょう。
意地悪な問題ではありませんが、学部ごとに難易度が異なり、英語や地歴はトップレベルの問題が出西されます。

法学部の場合は、国語がトップレベルで反対に地歴が簡単な部類に入ります。
目指している学部学科の入試傾向に合わせて、それぞれ対策をしていきたいところですね。
塾へ通われている方は、早速対策について相談すべきです。

こんな入試対策をしよう

英語は、比較的基本の内容が多いものの、試験時間に対して問題量が半端なく多いことが特徴です。
どれだけ英語が得意な方でも解けないような問題。
そして解ききれないような問題量で出題されます。

難単語はどんどん覚えていきましょう。
英語を、日本語にしなくても理解できるくらいまで勉強しておかないと、制限時間内に完答することができません。
自由英作文などの問題が出る可能性もあるため、そういった対策も怠らないようにしてください。

国語は、「国語の早稲田」と言われるほど、トップクラスの問題が出題されます。
基本的な学力は当たり前。
難しい内容の文章に触れていないと解けないような問題が出されます。

普段から岩波文庫などの難しい文章に触れておきましょう。
法学部の方は特に、忘れないように。

地歴公民、文系数学、理系数学、理科。
それぞれ学部や文系理系によって難易度が異なります。
その問題でも必要なことが、「速読力」です。

こればかりは、過去問を何度も解いたり、難問にどんどんチャレンジしていかないことには完璧に答えられません。
過去問と、どう対策していくかが重要です。

Posted on , By
Categories: 私立大学一覧
筑波大学

筑波大学で学べること・学部

筑波大学のオープンキャンパスにきた学生は、一目見て驚きます。
「ここは日本か!?」と驚くそうです。

筑波大学は、キャンパスから遠くに筑波山が見え、ループを緑取る緑の並木、そして、どこまでも伸びているペデストリアンウェイがあります。
キャンパスの美しさといえば、全国的にとても有名です。

筑波大学では、様々な面で「開かれた大学」であることを目指しています。
固定概念にとらわれない、柔軟な教育研究組織。
そして、次世代を担う新しい大学の仕組みを損説して実現することを理念としています。

筑波大学では、幅広い教育研究活動を展開することが可能な「総合大学」として君臨しています。
それぞれの学群では、専門的なことを学びながら、人間味のある人材を育成しています。

筑波大学には様々な学群と学類があります。
人文・文化学群、社会・国際学群・生命環境や理工、情報や医学。
そして、人間学、体育専門学、芸術専門学群などがあります。

研究科や専攻も様々で、ビジネスや教育、システム系などそれぞれ進みたい分野で専攻を履修していきます。
筑波大学の特徴といえば、グローバル教育院があるということ。
学位プログラムなどの実施、運営を行うことを目的として、設けられた教育院です。

現代社会はグローバル化なしには生きられない世界となりました。
そこで活躍していく、最先端の人材育成を目指しているのです。

受験の傾向・偏差値

筑波大学の入試では、難問や奇問がいたずらに出題されるのではなく、どの科目でも基礎に重点を置いた入試問題となっています。
センター試験の配点は決して低くありません。

どの学部でも一定の倍率で、選抜が実施されますがどれも80%程度の点数がほしいところですね。
一般的な国立大学のセンター試験とは違い、5教科7科目入試ではありません。

学部は学群と呼ぶのが特徴ですが、学群によっても配点や入試科目などが異なります。
後期の試験では、小論文や面接があります。

筑波大学の2次試験では、受験社葬に対して基本的な内容を問う出題傾向があります。
2次試験でかなりの高得点を取るものが続出する可能性がありますから、どちらの試験でも高得点を得ておきたいところです。

文系学群では2から3科目、理系学群では2から4科目の試験が課されています。
どの科目でも、標準レベルで解くことができる内容が多いと言われています。

こんな入試対策をしよう

筑波大学の英語は、例年長文読解が2問、英作文が1問、合計3問編成で出題されています。
長文読解に関しては、1,000語程度、700語程度の文章が出されます。
和訳や下線部の説明、内容の一致など様々ですが、標準的な問題ばかりです。

長文の問題はかたほうが評論や小論文などの文章で、もうかたほうがエッセイなどの要約というものもあります。
特別な対策は必要ありません。
過去問を解くことと、基本的な知識を身に着けておきましょう。

国語では、文系と医学郡の一部で課されます。
現代文2問、古文、漢文からそれぞれ1問ずつ出題されます。
医学郡では、現代文のみ2問出題され、試験時間が短いという傾向があります。

現代文は例年、評論または小説の問題となっています。
国語に関しては過去問を解くだけではなく、その他大学の文学部用の問題を解くなどの、表現技法の説明などの問題に触れる必要があります。

数学は、他の国公立とは違って筑波大学が英語、国語、社会での受験が可能なため、避けることも可能。
一般的には、論述問題に載っているようなものが出題されたり、基本的な曲線や方程式、証明問題などが出題されます。

社会は、世界史、日本史、地理、論理に分かれています。
論述問題が多く、慣れが必要であることから過去問を解く際には時間制限を設け、高校の先生や塾の先生に添削してもらうなどの対策が必要です。

理科は、物理、化学、生物、地学が出題されます。
例年似たような傾向の問題が出ていますから、こちらも過去問対策が効率的だといえます。
覚えている範囲内でも、入試科目に含まれている範囲はすべて、復習しておきたいですね。

Posted on , By
Categories: 国公立大学一覧
センター試験

センター試験の仕組み

大学入試センター試験は、大学と大学入試センターとが協力して実施しています。
各大学の先発方法の推進役として入試センターという存在があります。

大学入試センターは、大学に入学を志願している生徒の、高校時においての基礎的な学習を判定します。
国公私立の大学が、それぞれも度付いている創意工夫や判断基準を元に利用し、大学教育を受けるにふさわしい方を多面的に判定します。

大学センター試験の運営は、2つが協力して行っています。
まず、志願者は大学入試センターへ出願と受験をします。

大学入試センターは、成績通知を行います。
大学へは、成績の提供、そして大学はセンター試験に参加要望を出します。
大学は志願者に合否通知を出します。

検定料は、3教科以上で受験が2万円程度。
2教科以上で1万円程度となっています。
生徒は、それぞれ高等学校卒業見込み者が在学している学校を経由して志願します。
試験会場は、出願時に在学している学校が所有している試験地区内の試験場となります。

どこでもセンター試験が導入されている

今や、国公立だけではなく私立大の約80%が、センター試験に参加しています。
国公立大と私立大のセンター利用入試では、受験科目の数や傾向が異なります。

国公立の大学入試は原則として、個別学力検査として試験を行い、センター試験との総合点で合否が判定されます。
センター試験では、ほとんどの国立大が5教科から7強化以上を課しています。

私立大のセンター試験は、3教科受験で出願可能なところが多く、比較的国公立よりも集中した入試傾向となっています。
ただ、国公立大の出願先は、センター試験が終わってから自己採点して決めることができますが、私立大は募集締め切りがセンター試験前ですから、出願時期に注意が必要です。
ややこしい仕組みとなっていますが、センター試験を受けることができる条件が備わっているのなら、ぜひ利用したいですね。

センター試験の利用方法

高校3年生になったら、受験方法を決めますよね。
その際、センター試験は1月に実施されますから、高校3年生4月の場合は9か月後が本番となるわけです。

受験科目を早めに決めておきましょう。
効率的にセンター試験対策を始めるには、先に受験科目を決めておく必要があるのです。

私立大の場合は、センター試験利用入試の受験を想定して、どの科目で利用できるのかを調べます。
第2・第3志望まで含めて、決めておいてください。

志望校がセンター試験を、どれだけ重視しているかもチェックしておきましょう。
国公立大の場合は、センター試験と2次試験の合計で合否が決定します。
センターを重視するのか、2次試験を重視するのか。

大学によっても、学部によっても異なります。
配点比率は事前に確認することができるので、知っておいて損はありません。

Posted on , By
Categories: 受験を知る
AO入試

AO入試ってどんな入試?

AO入試とは、学力や高等学校時の成績に限らず、受験生の素質や実績、意欲を元に大学が求めている学生像に当てはまる学生を合格させるという入試方法です。
大学は、「成績が良い人」だけを求めているのではありません。

将来何になりたいのか、今、何を得意としているのか。
より専門性を高められる、自分の可能性を高められる生徒を求めているのが、AO入試です。

たとえば、将来は外交官になりたいという生徒がいるとしましょう。
そのために、大学では英語を勉強し、国際関係論を学びたいという明確な意思、意欲、目的がある生徒は有利です。

AO入試とはそもそも、アドミッションズ・オフィスの略語です。
1990年に慶應義塾大学で初めて導入されました。

学力だけでは、計り知れない才能を発掘する。
それが、AO入試なのです。

講義理解力試験などで合否が決まったり、グループディスカッションや面接、小論文などを書く入試もあります。
難易度はとても高く、秀でた性質を持っている生徒しか受かることができません。

AO入試では、志願理由書などの書類審査があることが特徴的です。
面接は必須と考えて良いでしょう。
グループ討論などでも、一人一人の考え方や発言能力が見られています。

AO入試はどこにでもあるのか

国公立、私立大学を問わずにAO入試を取り入れる大学は増え続けています。
2013年は、536大学1326学部がAO入試を行っています。
来年度からは、東大や京都大学も実施する予定だと決定しています。

AO入試で合格する人数は、比較的多くなってきています。
大学合格者の約8.6%ほどがAO入試で合格しています。
推薦入試とは違い、出願できる生徒数に限りがないことも特徴です。

AO入試は、比較的受けやすく興味関心意欲のある制度が、積極的に大学を受験できるチャンスなのです。
AO入試を実施している大学も、意欲を重視し試験を取り入れていることがよくわかります。

AO入試の流れ

一次試験では、書類審査が行われます。
二次試験に進むと小論文や面接があります。
大学学部によっては、グループディスカッションや講義理解力試験、プレゼンテーションなどが行われます。

将来なりたいことが決まっている人にとっては、AO入試はとても受けやすく、合格率が高い入試形態でしょう。
何も決まっていない方にとっては難易度が非常に高いかもしれません。

早めにスタートをきっておくと、AO入試と一般入試を併願して対策することができます。
入試の違いを理解して、それぞれ対策していきましょう。

Posted on , By
Categories: 推薦を知る
工学部

工学部で学ぶこと

工学部では、幅広い分野に分かれています。
基本的に必要なものは、数学、物理化学です。
主に理数系の方が工学部に向いています。

たとえば、工学分野の電気系でいえば、システムや制御、情報・通信について。
デバイスや物性、回路などを学びます。
建築系では、構造学や建築について、材料などの領域を学びます。

科学系では、ナノサイエンス、バイオテクノロジー、エネルギーなどを学ぶことになるでしょう。
機械系の場合は、熱力学、流体力学、制御理論、機械加工などを学びます。

中学などで理科を学びますよね。
それよりも、高度な専門知識を学ぶことになります。

どんな資格を取るのか

工学は、社会で幅広く役に立っています。
たとえば電気系の場合は、電気技術者の資格を取得します。
無線技術者の資格も取得できますし、建築系機械系も様々な資格があります。

もちろん、高等学校の教員免許を取ることも可能です。
建築学を学ぶと、建築士の資格を取得し環境に優しい家を設計したり、教員免許を取得して工学の未来を切り開く学生を育てることも可能です。

おすすめの就職先

工学を簡単に言えば、「ものづくり」です。
社会のおいしゃさんだと言っても過言ではありません。
生活環境の中にある、「もの」を作る仕事につくことができます。

電化製品や、机、自動車、お風呂などもすべて「ものづくりのプロ」が開発し、作っています。
こういった仕事は常に工学と関わりがあります。

会社の建築の設計や、実際に建てるのも工学の仕事。
日常生活では、ざまざまなことが工学と密接にかかわっているのです。

将来、電気系、またはIT系、建築系。
進みたい分野が決まっている方は、工学部でより専門的な知識を習得しましょう。

分野が定まっていない方は、工学部に入り、「何を作りたいのか」を考えてください。
ものづくりが好きな人は、誰でも工学部に向いています!

Posted on , By
Categories: 学部を知る
理学部

理学部で学ぶこと

理学部とは、科学に近いイメージがあるかもしれませんが、自然科学以外にも人文科学や社会科学などの意味があります。
狭い範囲でいえば、科学は自然科学と同義語で用いられます。

理学部は科学と同じ、ではありません。
たとえば、東大にある自然科学系の学部でいえば、理学部の他にも工学部や農学部、薬学部、医学部などがあります。
これらの学部では、自然科学系の学問を履修します。

理学とは、自然科学の基礎研究分野だと言われています。
つまり、自然科学を応用研究させて、基礎研究を理学と呼んでいます。
自然の仕組みを理解して、その奥にある法則を研究することです。

理学部で学ぶ内容を、一言で言い表すとしたら自然の仕組みです。
地球が生まれ、人が生まれ、生命が進化し、今があります。
人類と自然の関係性や法則、自然には謎がたくさんあります。

他にもこんなことを学ぶ!

主に理学部では、理系の生徒が集まります。
宇宙や地球、生命、物質、環境、数理などを学んでいきますが。
研究が必要な分野だといっても過言ではありません。

理学部でなまんだことは、これからの日本で役に立つことでしょう。
科学を発展させたのは人間です。
原子や分子、物質、生命などの自然の仕組みを理解し、研究を続けることで更に進化した仕組みや法則を発見できるかもしれません。

あくまで理学が目指す先は、「かもしれない未来」です。
謎を解き、何かを発見する喜びが好きな方が、理学部に向いています。

おすすめの就職先

研究家の方が理学部に向いていますから、将来も研究活動をして社会で貢献したいという方が向いています。
たとえば、健康食品やサプリメントなどの研究をしているところでは、医薬品などの化学薬品のみならず、自然が持つ力に焦点を当てて研究を進めているところがあります。

そういった企業が就職先として向いていますし、もちろん理学部に入り、研究によって将来を見出だす方もいます。
大学を出て、大学院で研究を続ける方もいれば、社会に出てすぐに活躍していく方もいるので、将来何になりたいかは、在学中に決めても遅くはありません。

Posted on , By
Categories: 学部を知る
法学部

法学部で学ぶこと

法的知識を学ぶ、これは当然といえば当然ですが、法律といっても把握しきれないほどありますから、法学部では専門性が問われます。
勉強の仕方は基本的に自由で、専門教科科目は履修モデルのコースなども設けられています。

法学部といえば、弁護士や行政書士になりたいという学生が集まります。
専門科目を学ぶために、1年次には法学の基礎力を身に着けます。

たとえば、行政・政策を学ぶと政治関係に進む方もいれば、公務員になる方もいます。
法的知識、政策知識を学ぶことができて、政治学科目も設けられています。

企業法務では、民間企業に就職される方がほとんどです。
民間の法律関係を定めているのは、民事法ですが、民事法を履修し企業に就職して行きます。

他にもこんな学科がある

他にも、国際法務や法律専門職、総合法務など。
学科こそ分かれていないものの、様々なコースがある大学が多いでしょう。
法学部の主な学科は、法学科です。

法を大きく分けるとしたら2つ。
私法と公法です。
公法は憲法や行政法、地方自治体に関連することが定められている法のことです。
中心科目は、憲法や行政法、国際法や国際経済法などもあります。

また、刑法や刑事訴訟法など、国と市民との関係を定めた公法などもあります。
私法を中心に学ぶ際には、企業と企業、市民市民などの関係の法律を学びます。
民法や商法などより庶民に密着した法律です。

知的財産法や国際取引法など、法律に関係のない職の方でもよく耳にする法律です。
市民と同じ立場にたって考えることができる弁護士になるなら、私法を学びます。

法学部では、演習科目を重視しています。
就職活動では、まず弁護士として経験をつみ、将来独立を目指すという方もいます。

おすすめの就職先

おすすめの就職先は、弁護士事務所もあれば、行政書士として活躍する方もいます。
取得したい資格によってなりたいものが異なりますが、多くの方が資格を取得し、法分野に流れていきます。

経済と法を同時に学べば、経営に特化した専門弁護士になれますし、企業の顧問弁護士として活躍することもできるでしょう。
その際には、法学関係だけではなく、様々な資格が必要となってきます。

Posted on , By
Categories: 学部を知る
教育学部

教育学部で学ぶこと

教育学部は、教育養成に特化した専門学部です。
教職を志望している方はもちろんですが、教師になりたいかたがほとんどです。

教師になるためには、どのような力量が必要なのか。
資質や知識を身に着けていきます。

大学は、教育と研究の両方を兼ね備えた場です。
教えることを目標とした生徒が学習します。

主に、基礎教育科目と共通教養科目があります。
教養教育科目及び、教育プログラムを受けていきます。
基礎的な知識から、技能、豊かな人間性を身に着けます。

専門教育科目では、思考力や探求力を身に着けながら、現在の教育の在り方について考え、理想の教師として体験を通し実習します。
4年時には国家試験を受け、見事教職資格を手に入れた生徒が、教員として就職して行きます。

他にもこんなことを学ぶ!

教師に必要なことって何でしょうか。
学校への理解、学習者への理解、教科についての基礎。
これらは当たり前のことです。

突然生徒たちの前で授業をするなどできませんから、授業を実践し、学校というリアルな場所で教師としての自分を見つめます。
最も求められるのは、教育実践力なのです。

学習者を理解し、知識や技能を教える。
これは簡単なことであはありません。

生徒一人一人と向き合うための対人関係力も必要です。
レクリエーションを通して、社会参加やコミュニケーション能力の向上、チーム協力などを行います。

自己深化力も深めます。
必要な情報を、様々な方法で探し発信する力です。
自分の力をどれだけ生かせるのか?教育学部の4年間を通じて、このようなことを学んでいきます。

おすすめの就職先

教職の資格を取得したからといって、小中高の学校の先生にならなければいけないわけではありません。
教育学部の生徒のほとんどは、教師になりたい人ばかりです。

ですが、家庭教師や進学塾、大学で教育論を教えている人もいれば、教職免許の使用方法は様々です。
国家資格ですから、就職先はたくさんあります。
多くの場合は、「小学校の先生になりたい」「中学の社会の教師になりたい」と目標が定まっています。

Posted on , By
Categories: 学部を知る
経済学部

経済学部で学ぶこと

経済学部では、主に3つの学科に分かれます。
まず、経済学科、経済情報学科と経済法学科です。
それぞれ2つしかない大学もあります。

どの学科も、経済学を中心に学んでいきますが、産業人や公務員など活動の場は様々です。
1年次には基礎演習で議論や発表などを行い、2年次からは演習を通じて経済学の基礎、応用を学びます。

経済学科のカリキュラムでは、四年間で少人数制の教育カリキュラムを組んでいる大学もあります。
日本国内外の経済の実態を主に学び、国際経済を学習するコースもあります。

経済学を通じて、経済現象を研究し、最後は4年次に卒業論文を発表します。
経済学は奥が深く、短期間で学ぶことができません。
社会人になって独立したい方が、早くからプランを練り経済学を学んでいます。

他にもこんな学科がある

経済情報学科では、共通科目と専門性を身に着けるための学科専門科目があります。
社会で実践的に活躍できるスキルを習得します。

現在は、情報化社会です。
企業経営に関する理論や、じょうh処理に関する最新技法も学びます。
段階的な履修を組んでいる大学が多く、効率的に単位を取得していけるよう科目を配置しています。

学科内ユニットを設けている大学があり、学生の興味関心が強い専門科目に具体化できるようになっています。
経営分野、マーケティング、会計、情報、教職など。
将来なりたいもの別に計画を立て、学習をしていきます。

経済法学科は、経済学と法律を兼ね備えた学科です。
経済、法律、会計に関する科目を修得していきます。

本来は経済学を中心として学び、関連した法を学ぶ経済学部ですが、経済法学科では最初から法律と経済を融合し学びます。
将来は金融系、経営、公法などへと進んでいきます。

おすすめの就職先

経済学出身の学生は、それこそ様々な場所で活躍しています。
独立し、企業を立ち上げた生徒もいれば、情報・IT系に進まれる方もいます。

就職先は様々です。
国家公務員、銀行員、金融関係、経営・経済。
就職先の幅はとても広いと言いましょうか。

資格を取得すると、将来に役立つものが多く持っていて損のないものばかりです。
どこで働きたいか、具体的な内容が決まっていない生徒におすすめです。

Posted on , By
Categories: 学部を知る