青山学院大学

青山学院大学で学べること・学部

青山学院大学は、青山キャンパスと相模原キャンパスの2つがあり、10学部24学科と、専門性の高い12の研究科を設けています。
時代の要請にこたえることができる人材育成を目標としており、全額共通として「教養と技能を身に着ける」という目標を掲げています。

主に学部は、4つから成り立っています。
学際・総合から人文科学、社会科学、自然科学です。

近年、青山学院大学では10学部24学科を設け、文理総合大学として「知」の研究を続けています。
幅広いフィールドの中で、学部で学ぶ専門分野は、重なっているところも少なくありません。
その関係性を通じながら、学部が構成されています。

文学部や教育人間科学部、経済法学はもちろんのこと、国際政治経済学部など国際政治に特化した経済学部もあります。
理工学部、社会情報学部、地球社会共生学部など珍しい学部があることも特徴です。

学部情報が知りたい方は、公式サイトから情報を収集しましょう。
少しわかりにくい点があるかもしれませんが、気になる学部を深く見ていくと、あなたの未来が明確にイメージできるかもしれません。

受験の傾向・偏差値

青山学院大学は、英語の難易度が全学部共通して高いという情報がありました。
他の強化は割と、難易度が低めに設定されています。

青山学院を第一志望にする場合は、英語を重点的に対策することと、他の科目で高得点を獲得しておくことがコツです。
青山学院大学では、一度の試験で複数学部を受験することができる、全学部日程試験を実施しています。
合格難易度は、個別学部日程よりも高くなるので自信がある学生は大いにチャレンジしましょう。

こんな入試対策をしよう

英語の青学と言われるほど、英語が最も難しい傾向にあります。
特に、長文英語と自由英作文に注意が必要です。

難問だと言われる長文読解では、超がつくほど長い長文が出題されます。
見慣れない単語があるともうそこで終わりです。
単語対策を合わせて、長文読解の力をつけましょう。

他の科目で気を抜いてはいけませんが、英語だけはとにかく対策あるのみ。
リスニング試験などもあるので、英語が得意な学生にとっては優位です。

国語は、どの学部でもとても簡単な問題が出題されます。
センター試験の国語と比較しても、おなじくらい優しいレベルの問題です。

合格を狙うのならば、国語は満点を目指しましょう。
でなければ、英語があなたの手を不合格へと引っ張っていきますよ。

About

Posted on , By
Categories: 私立大学一覧