経済学部

経済学部で学ぶこと

経済学部では、主に3つの学科に分かれます。
まず、経済学科、経済情報学科と経済法学科です。
それぞれ2つしかない大学もあります。

どの学科も、経済学を中心に学んでいきますが、産業人や公務員など活動の場は様々です。
1年次には基礎演習で議論や発表などを行い、2年次からは演習を通じて経済学の基礎、応用を学びます。

経済学科のカリキュラムでは、四年間で少人数制の教育カリキュラムを組んでいる大学もあります。
日本国内外の経済の実態を主に学び、国際経済を学習するコースもあります。

経済学を通じて、経済現象を研究し、最後は4年次に卒業論文を発表します。
経済学は奥が深く、短期間で学ぶことができません。
社会人になって独立したい方が、早くからプランを練り経済学を学んでいます。

他にもこんな学科がある

経済情報学科では、共通科目と専門性を身に着けるための学科専門科目があります。
社会で実践的に活躍できるスキルを習得します。

現在は、情報化社会です。
企業経営に関する理論や、じょうh処理に関する最新技法も学びます。
段階的な履修を組んでいる大学が多く、効率的に単位を取得していけるよう科目を配置しています。

学科内ユニットを設けている大学があり、学生の興味関心が強い専門科目に具体化できるようになっています。
経営分野、マーケティング、会計、情報、教職など。
将来なりたいもの別に計画を立て、学習をしていきます。

経済法学科は、経済学と法律を兼ね備えた学科です。
経済、法律、会計に関する科目を修得していきます。

本来は経済学を中心として学び、関連した法を学ぶ経済学部ですが、経済法学科では最初から法律と経済を融合し学びます。
将来は金融系、経営、公法などへと進んでいきます。

おすすめの就職先

経済学出身の学生は、それこそ様々な場所で活躍しています。
独立し、企業を立ち上げた生徒もいれば、情報・IT系に進まれる方もいます。

就職先は様々です。
国家公務員、銀行員、金融関係、経営・経済。
就職先の幅はとても広いと言いましょうか。

資格を取得すると、将来に役立つものが多く持っていて損のないものばかりです。
どこで働きたいか、具体的な内容が決まっていない生徒におすすめです。

About

Posted on , By
Categories: 学部を知る